Author Archive

セレナの立場は大丈夫?

ミニバン市場は日本車の市場の中でも熾烈な競争をしているジャンルですが、日産のセレナは比較的苦戦している車種と言えるでしょう。ミニバンはヴォクシーやノア、アルファード、ヴェルファイアといったトヨタ車が席巻しており、ホンダのステップワゴンですらこれらトヨタ車に比べると非常に厳しい戦いとなっています。ミニバンがはやっているというより、「トヨタの」ミニバンがはやっているといったほうが正確なくらいです。セレナはまだハイブリッド化が遅れており、悪くなりがちなミニバンの燃費を改良できていません。

なので、セレナはどちらかというと値引きを中心とした販売戦略を取っています。場合によっては50万円くらい値引きされることもあるそうで、価格が安いからという理由で買う客が多いというのが実情でしょう。

でも、どうせ買うなら安いほうがいいという人は多いもの。値引き情報(セレナ専門)のサイトをチェックして、安く買う準備をしておいたほうがいいでしょう。

コンパクトSUV選びのポイントとは?CX-3のオススメ度

SUVを購入する人が増えています。中でもコンパクトSUVが人気となっています。これは国内の道路事情もありますが、どちらかというと燃費性能が重視されているからでしょう。

元々日本はハイブリッド車の起源ということもあって燃費性能へのこだわりが強い地域性があります。プリウスやアクアなどの高い燃費性能を持った車が売り上げランキングの上位を占めていることかわらも明白です。

しかしSUVは燃費コストは安くはありません。車体が大きいですし、重たいのでどうしても燃費が悪くなりがちなのです。ビッグサイズの車が好きな人にとってはよいのでしょうが、多くの一般的なドライバーにしてみればただの「燃費が悪い車」という扱いを受けていました。

しかし、ヴェゼルなどの小さめのSUVが登場してきて状況が変わりました。コンパクトSUVは海外ではあまりウケていませんが、日本は先ほども書いた通り道路が狭く、燃費性能にもうるさい国です。そこに小さめのSUVが登場して一気に受け入れられたわけです。

小さめのといってもコンパクトカーよりは大きく、車内は広々として過ごしやすいです。それよりもさらに大きい車がいい人はミニバンなどを買いますので、コンパクトSUVは快適性の面からいっても日本人の感覚にぴったりなのです。コンパクトカーはやはりどうしても狭くなりますから、SUVくらいの大きさがほしいなあという人にはうってつけです。

コンパクトSUVといえばヴェゼルの独壇場でしたが、今はCX-3などのライバルが登場してきています。ヴェゼルはまだまだ売れ行き好調ですが、そこにCX-3の売り上げも加わってコンパクトSUVの市場はさらに盛り上がっていくでしょう。

問題は安く買えるかどうかです。ライバルが登場したのは格安購入という視点でいえば好都合です。ライバル競合を駆使することで値引きしやすくなるからです。現在のところ、CX-3は発売されたばかりなので、格安購入するならヴェゼルを選んだ方がいいかもしれません。リコールなどもあってホンダ側も拡販に力を入れていますので、値引き幅も発売当初に比べればずっと緩んでいるでしょう。なので安く買うという観点のみでいえばCX-3はあまりおすすめできないかもしれません。マツダCX-3の値引きもできなくはないのでいろいろ調べてみましょう。

栄養不足を解消するためには

日本人の間で栄養不足が深刻となっているようです。外食産業の市場規模が数兆円に達しているという調査がありますが、それだけ日本人が外食に頼っており、栄養が偏っていることの証左でもあります。とくに問題なのが野菜不足で、日本人の大半が野菜不足に陥っているという話も見聞きします。

野菜不足となると、ビタミンなどの健康維持成分が足りなくなり、疲れやすくなったり、便秘や下痢などの症状が現れてきます。また、肌荒れなどの症状がでてくるので女性にとっても他人事ではありません。

そこでおすすめなのが野菜ジュースです。野菜ジュースはよく栄養の足しにならないなどと言われますが、生の野菜を絞ったものであれば食物繊維も余すことなく摂取できるので栄養補給につながります。確かに市販品だと食物繊維が取り除かれていたり、糖分が多く含まれていて結局逆効果だったりするのですが、自宅で野菜をしっかり絞った野菜ジュースを飲めばしっかり栄養補給ができます。

ただ、野菜ジュースを作るにはあらかじめ生野菜を買っておく必要があります。また果物などを入れない限り野菜の苦みを直接飲み込むことになるのでイヤになって続かない人もいるでしょう。そこで使ってみたいのが粒タイプの青汁サプリメントです。青汁も野菜ジュースの一種ですが、飲みにくさは確かにあります。しかし粒タイプなら通常のサプリと同じ感覚での飲むことができ、なおかつ持ち歩けるので外出先でも飲むことができます。普段仕事が忙しかったりしてなかなか青汁を飲むわけにいかない、という人でも、粒タイプなら続けることができるでしょう。

粒タイプの青汁はいろいろありあすが、栄養成分の意味では酵素青汁111選は口コミで広がっているため栄養価が高くオススメです。

評判もなかなかよく、実質無料でお試しすることも可能なので一回体験してみてはいかがでしょうか。

介護のアルバイトの時給がどんどん下がっている

リハビリの資格を持っていますが、資格をいかしてアルバイトをしようと思っています。
リハビリ職のアルバイトとなると、病院やデイサービスでの勤務になるのが一般的です。昔は時給がかなり高く、最高では数千円だったそうですが、今は安い安い…!ご老人はどんどん増えていて、人手不足が叫ばれているはずなのに、どうしてどんどん賃金が下がっているのでしょうか。募集自体はたくさんあって、仕事にあぶれることはなさそうなのですが、それにしても稼ぎがないとどうしようもないです。
時給は現在では高くても1700円程度です。平均では1200円とか1300円程度。うーん、どうしてこうなったんだと思わずにはいられません…。それでもコンビニのバイトなどに比べたらまだ高いほうですが、資格が必要なアルバイトなのにここまで安くなってしまったのは残念と言うほかありません。介護ジャンルに還元する税金も増やすようですが、結局経営者がポケットに入れてしまうのでは仕方ありません。
結局、フルタイムで働くしかないかもしれない…とも思い始めています。

ヒートアイランド現象に対する取り組み

ヒートアイランド現象対策は、現在三本柱で進められています。まずは直接的な原因となっている人工排熱を減らす作戦です。エアコンや空調を効率的に使ったり、設定温度を下げてエコを心がけることで排熱を減らせるほか、建物に使用する断熱材や保水性建材を活用したり、自然風の利用を考えることでエアコンなしでも涼しい環境を作ります。

2つめは、広いエリアでの対策です。地域冷暖房システムを作ったり、公共交通の使用の推進、さらには緑化などさまざまな対策が取られています。建物やガラス窓の反射率を増やして放熱することも重要な取り組みです。

3つめとなるのが、都市そのものの解像です。地形などを利用して建物の配置を組み換え、風の通り道を作ったり、エネルギーを多段的に活用するカスケード利用、さらには熱輸送ネットワークの形成などが挙げられます。

実際、ドイツのバーデンビュルテンベルク州では、内陸都市の気候を解析し、都市づくりのアドバイスに活用しています。アメリカでも気温上昇が問題視されており、環境保護庁はガイドブックを作成して年の緑化やエネルギー節約などの効果を説いています。

ヒートアイランド現象が天候に影響を与える

nemurenai

ヒートアイランド現象は、都市部の天気に大きく影響します。とくに大都市では、局地的な雷雲が生まれ、「ゲリラ豪雨」と呼ばれる突発性の豪雨が降ることが増えています。

さらには、「ヒートアイランド循環」と呼ばれる風の流れの問題もあります。建物や道路が蓄積した熱が都市部にたまり、郊外よりも気温が高くなるために上昇気流が発生し、郊外から都心への風の流れが生まれます。この上昇気流は「ダストドーム」と呼ばれる現象を引き起こし、汚染物質がドーム状に都市部を覆うという事態に至ります。このせいで光化学オキシダント濃度が増えているという話もあるほどです。このように、ヒートアイランド現象は深刻な大気汚染を引き起こすこともあるのです。

夜間の気温上昇も各地でトラブルを起こしています。エアコンをつけると寝られない、でもエアコンを止めると熱帯夜で眠れない、という人が睡眠障害になり、健康被害をうけるケースがあります。昼間は熱中症などによる死亡者もでてきているので、ヒートアイランド現象は健康被害にも密接にかかわってきます。

なお、エアコンを使うと電力消費量増え、CO2を排出して間接的に地球温暖化につながります。その悪循環はどこかで断ち切らないといけません。

なぜヒートアイランドが進行するのか?

aircon

ヒートアイランド現象の原因はすでに明らかになっています。まず、市街地化による地表面のコンクリート化、そしてエネルギー使用量の増加、弱風化などです。

アスファルト・コンクリートで道路や建築物が作られると、昼間の太陽の熱を吸い込んでおく深くまで高温となります。その熱が夜になると放出されるため、熱帯夜となるのです。さらに、緑地や水面などが減っているため、植物の水分蒸発量が減っているのも一因です。

都市部では人口集中が起こり、エネルギー使用量が増えています。主に問題なのは建物で使用されるエアコン、自動車、工場などからの排熱で、それが蓄積することで気温が上がります。特にエアコンの使用量は過去10年間で20%増加し、今後はさらに増えると言われています。

高層ビルが風の通り道を塞いでいるのも問題です。風の通りが悪くなるので、熱がとどまりやすくなっているのです。

ヒートアイランド現象により、エアコン使用量はさらに増えます。そうなるとさらにヒートアイランド化が進むという悪循環になっています。30年後は、都市部では夏の気温が40度を超える日も現れるという報告さえあります。

ヒートアイランド現象って何?

heatisland

郊外と比べて、都市部の気温が高いのは、100年以上前から言われていたことです。さまざまな主要として、そのような報告がなされてきました。しかし、最近はその傾向がとくに強くなっています。

昨今の気温上昇の原因は地球温暖化と言われていますが、実はそれだけではありません。100年前からの都市温暖化の傾向のためと言うこともできます。都市部の気温が周辺よりも高くなる現象を「ヒートアイランド現象」と呼びます。

都市とその周辺の気温差は1年中あるのですが、とくに夜間の気温差が大きくなる影響があります。また、夏よりも冬の方が差が大きいのも意外な点です。温度差は場合によっては5度以上になることもあります。温度上昇エリアの等温線を描いてみるとよくわかりますが、都市中心部から外にいくにしたがって広がり、島のように見えることからヒートアイランドと例えられたのです。

東京に関しては、過去100年で3.0度の気温上昇が確認されました。他の都市の気温上昇が2.4度なので、それに比べても大きな上昇値を示しています。

夏場の最高気温が30度を超える日数ではさらに顕著です。90年代に入ってからは35度以上の猛暑日も増えてきました。

夜の気温上昇も深刻です。熱帯夜は平均で年間30日を超え、確実に増加傾向にあります。

お気に入り