ヒートアイランド現象に対する取り組み

ヒートアイランド現象対策は、現在三本柱で進められています。まずは直接的な原因となっている人工排熱を減らす作戦です。エアコンや空調を効率的に使ったり、設定温度を下げてエコを心がけることで排熱を減らせるほか、建物に使用する断熱材や保水性建材を活用したり、自然風の利用を考えることでエアコンなしでも涼しい環境を作ります。

2つめは、広いエリアでの対策です。地域冷暖房システムを作ったり、公共交通の使用の推進、さらには緑化などさまざまな対策が取られています。建物やガラス窓の反射率を増やして放熱することも重要な取り組みです。

3つめとなるのが、都市そのものの解像です。地形などを利用して建物の配置を組み換え、風の通り道を作ったり、エネルギーを多段的に活用するカスケード利用、さらには熱輸送ネットワークの形成などが挙げられます。

実際、ドイツのバーデンビュルテンベルク州では、内陸都市の気候を解析し、都市づくりのアドバイスに活用しています。アメリカでも気温上昇が問題視されており、環境保護庁はガイドブックを作成して年の緑化やエネルギー節約などの効果を説いています。

コメントは受け付けていません。

お気に入り