ヒートアイランド現象が天候に影響を与える

nemurenai

ヒートアイランド現象は、都市部の天気に大きく影響します。とくに大都市では、局地的な雷雲が生まれ、「ゲリラ豪雨」と呼ばれる突発性の豪雨が降ることが増えています。

さらには、「ヒートアイランド循環」と呼ばれる風の流れの問題もあります。建物や道路が蓄積した熱が都市部にたまり、郊外よりも気温が高くなるために上昇気流が発生し、郊外から都心への風の流れが生まれます。この上昇気流は「ダストドーム」と呼ばれる現象を引き起こし、汚染物質がドーム状に都市部を覆うという事態に至ります。このせいで光化学オキシダント濃度が増えているという話もあるほどです。このように、ヒートアイランド現象は深刻な大気汚染を引き起こすこともあるのです。

夜間の気温上昇も各地でトラブルを起こしています。エアコンをつけると寝られない、でもエアコンを止めると熱帯夜で眠れない、という人が睡眠障害になり、健康被害をうけるケースがあります。昼間は熱中症などによる死亡者もでてきているので、ヒートアイランド現象は健康被害にも密接にかかわってきます。

なお、エアコンを使うと電力消費量増え、CO2を排出して間接的に地球温暖化につながります。その悪循環はどこかで断ち切らないといけません。

コメントは受け付けていません。

お気に入り