セレナの立場は大丈夫?

ミニバン市場は日本車の市場の中でも熾烈な競争をしているジャンルですが、日産のセレナは比較的苦戦している車種と言えるでしょう。ミニバンはヴォクシーやノア、アルファード、ヴェルファイアといったトヨタ車が席巻しており、ホンダのステップワゴンですらこれらトヨタ車に比べると非常に厳しい戦いとなっています。ミニバンがはやっているというより、「トヨタの」ミニバンがはやっているといったほうが正確なくらいです。セレナはまだハイブリッド化が遅れており、悪くなりがちなミニバンの燃費を改良できていません。

なので、セレナはどちらかというと値引きを中心とした販売戦略を取っています。場合によっては50万円くらい値引きされることもあるそうで、価格が安いからという理由で買う客が多いというのが実情でしょう。

でも、どうせ買うなら安いほうがいいという人は多いもの。値引き情報(セレナ専門)のサイトをチェックして、安く買う準備をしておいたほうがいいでしょう。

コメントは受け付けていません。

お気に入り