コンパクトSUV選びのポイントとは?CX-3のオススメ度

SUVを購入する人が増えています。中でもコンパクトSUVが人気となっています。これは国内の道路事情もありますが、どちらかというと燃費性能が重視されているからでしょう。

元々日本はハイブリッド車の起源ということもあって燃費性能へのこだわりが強い地域性があります。プリウスやアクアなどの高い燃費性能を持った車が売り上げランキングの上位を占めていることかわらも明白です。

しかしSUVは燃費コストは安くはありません。車体が大きいですし、重たいのでどうしても燃費が悪くなりがちなのです。ビッグサイズの車が好きな人にとってはよいのでしょうが、多くの一般的なドライバーにしてみればただの「燃費が悪い車」という扱いを受けていました。

しかし、ヴェゼルなどの小さめのSUVが登場してきて状況が変わりました。コンパクトSUVは海外ではあまりウケていませんが、日本は先ほども書いた通り道路が狭く、燃費性能にもうるさい国です。そこに小さめのSUVが登場して一気に受け入れられたわけです。

小さめのといってもコンパクトカーよりは大きく、車内は広々として過ごしやすいです。それよりもさらに大きい車がいい人はミニバンなどを買いますので、コンパクトSUVは快適性の面からいっても日本人の感覚にぴったりなのです。コンパクトカーはやはりどうしても狭くなりますから、SUVくらいの大きさがほしいなあという人にはうってつけです。

コンパクトSUVといえばヴェゼルの独壇場でしたが、今はCX-3などのライバルが登場してきています。ヴェゼルはまだまだ売れ行き好調ですが、そこにCX-3の売り上げも加わってコンパクトSUVの市場はさらに盛り上がっていくでしょう。

問題は安く買えるかどうかです。ライバルが登場したのは格安購入という視点でいえば好都合です。ライバル競合を駆使することで値引きしやすくなるからです。現在のところ、CX-3は発売されたばかりなので、格安購入するならヴェゼルを選んだ方がいいかもしれません。リコールなどもあってホンダ側も拡販に力を入れていますので、値引き幅も発売当初に比べればずっと緩んでいるでしょう。なので安く買うという観点のみでいえばCX-3はあまりおすすめできないかもしれません。マツダCX-3の値引きもできなくはないのでいろいろ調べてみましょう。

コメントは受け付けていません。

お気に入り